FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告

ユニプラ・フォローシステム



初心の頃に学んでおきたい「ボディ・リメイク」
 
~無理な開脚必要なし!?~


ジュンコ先生と若葉さんの対談だ。
テーマは、

「股関節について・・・」だ。

では、どーぞ。


若葉
「ワタシの友人で、
『ダンスやってみたい』って子がいるんですが、
彼女、カラダが硬いって・・・
大丈夫かなぁって気にしているんですよ」


ジュンコ先生
「アラ、もちろん大丈夫よ。
そういう方にこそ、ダンスはおすすめ。
ダンスをすることで、
無理なくカラダをゆるませていくことができるわ・・・
って、
若葉さん、身をもって体験しているじゃない!?」


若葉
「ハイ、そうなんですけど、
彼女の硬さは相当、らしいんです。
改善したいとヨガの初心者コースに通ってみたものの、
すぐ挫折したって。
なんでも、下半身、

股関節が特に硬いそうで。

開脚すると、
背筋をまっすぐにして座ることもできない
と、嘆いていました。
でも、ワタシも股関節、硬いんです。
開脚したら、
ヒザの裏が突っ張って切れそうに痛い
先生、コレってまずいんですよね?」


ジュンコ先生
「大丈夫よ、全然」


若葉
「大丈夫ってことは・・・毎日少しずつでも
開脚ストレッチをすると
だんだん柔らかくなってくるってもんなのですか?」


ジュンコ先生
「大丈夫ってそういう意味で言ったのではなくて、

股関節が硬いことを、

気にしなくて大丈夫
よ、ということよ。

ダンスには、それほど支障はないから」


若葉
「へぇぇ?そうなんですか?
股関節は、絶対柔らかくないと
“致命的”だって思っていました」


ジュンコ先生
「股関節が硬いことが、
ダンスをする際 の“致命傷”になるなら、
ワタシはもう、ダンスをとうに止めているわ(笑)」


若葉
「あぁ、そうなんですか。
なんだか気が楽になりました。
彼女にも伝えておきます」


ジュンコ先生
「ついでに伝えてあげて欲しいのは、

開脚ができない、イコール、

股関節が硬い、ではない場合が多い


ということ。
股関節そのものより、
肩甲骨、背骨、
背中の筋肉が固まっているケースが多い
わね。
それに、
足の裏の硬さ、手のひら、指の硬さから
股関節が硬化しちゃう場合もある。
だから、
痛みに耐えながら、開脚するより、
そちらにアプローチしたほうが、良いでしょうね」


若葉
「ソウなんですか!?驚きです」


ジュンコ先生
「カラダへのアプローチは、
決して無理しないことが大事よ。
特に、股関節は意外やデリケートだから
(第88話参照)
イイ?
身体能力の“限界”を広げていくには、

懸命ではなく、賢明であるべきなの。

執拗(しつよう=意地になる、ガンコなさま)な努力は、
逆効果。
かえって、カラダが硬くなる可能性の方が高いわ。
だからといって、
カラダを単に甘えさせたり、かばったり・・
コレも向上しない」


若葉
「むずかしいですね、ソノ辺り。
がんばってもダメ、
でも、何もしないのもダメってことですよね?」


ジュンコ先生
「そう。
必要なのは、

自分のカラダに対する

“探求心”そして“理解”
ね。

言い換えれば、

自分の股関節と向き合うことで、

正しい改善の道が開けてくるということ」


若葉
「なるほど。
私も、自分の股関節と向き合います!
あ、それから友人にも伝えます。
でも、さっきの話が気になります。
肩甲骨、背骨、背中の筋肉が固まることで
股関節が固まる
ってこと・・・
もっと話してもらえませんか?」


     つづく第93話へ



お知らせ

社交ダンスの基礎の基礎

ユニバーサルダンス・プラクティスのご案内です!!

1月度の開催予定日
・2011/ 1/09(日)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
 9日の日曜日は、夜の部も開催することになりました 
・2011/ 1/09(日)18:00~20:00(17:00開場)
・2011/ 1/11(火)13:30~15:30(12:30開場)
・2011/ 1/21(金)20:00~22:00(19:00開場)受付終了 
・2011/ 1/22(土)13:30~15:30(12:30開場)受付終了

詳しくは、
ココをクリックしてください。


ユニプラをもっと活用しよう!の画期的企画

ユニプラ・フォローシステムをはじめました!

詳しくは、
ココをクリックしてください。



Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/97-2ce5e08b