FC2ブログ
目次


なぜ、社交ダンスなのか?
 
~アナタノ“ダンス”応援シマス~


さて、
競技用一辺倒でもなく、かといって社交用オンリーでもない、
“どっちも”志向路線のダンスとは?の説明。

競技用、社交用といった垣根を越えた、
「両方に通用し、“基礎”に位置する」
モノであり、
「両方に通用するカラダを手に入れる、
エクササイズ・トレーニング」

を含み、
「ダンスに対する
考え方・意識が重要なポイント」

まぁ言えば、

“アナタのダンス”の成長を永遠に助ける

ものだと思って欲しい。

ダンスの道を歩み始めて、
自分には基礎が足りない!って感じたとき、
もう一回、もう一回と、戻っていける、
そんな、

基礎の世界に存在するダンス

およびダンス観
と理解していただいたら、良いかな。

ソンナコンナをこのブログの中で
紹介していけたらなぁってことでもある。
(ハァ、やっとこぎつけた。
つまりはコレを言いたかったんよね。長い道のりでした)

全国各地、
色んな目的で、色んなカタチで、
ダンスに取り組んでいる

初心者の方々への応援メッセージ

となりますように。

ソレが、このブログの最大の趣旨だから。

ちなみに、
ワタシの場合、超初心者の方々へのダンス・レッスンは、
「ビギナーにとって、
ダンスとはこうありたい」という願いもこめて、
こんな感じで始まるんだ・・・を紹介しておこう。


公開!!

ジュンコ・メソッドによる 

超初心者用 ダンスの紹介

1. 思い立ったら即、ダンスOK! 
「たった7秒でダンスデビュー!?」

習ってすぐに「ワー!ワタシ、もう踊れている!?」ソレが目標。
とにかくシンプル、だが本質である
「曲&相手とのつながり」の学習は外していない。
習ったその場でダンス・デビューでき、
経験を積むごとに上達できるという仕組みになっている。

2. 難解なものをナチュラル&シンプルに
「知らない間に上達する仕掛け」

立つ・歩くなどの「アッタリ前の動作」がダンスの基本。
当たり前すぎるからこそ難しいんだよね。
筋肉や骨格の動き・リズムの取り方・相手との関わり方・・
といった重要だが難解、
ゆえにみんな苦手な“ニンジン”をすりおろして
ハンバーグやらケーキやらに混ぜ込んじゃおう!
の方式をとっている。
「おいしい!」って言いながら知らない間に食べちゃって、
栄養になるように工夫されている。

3. 眠ったままの身体と心に揺さぶりをかける
「あなた本来のパワーにアクセス」
         
音楽、人との触れ合い・・さまざまな刺激により、
右脳も左脳も総動員で動き出し、
人間本来全員が持っている全機能のスイッチを“ON”状態に。
普段使っている身体&心の動きが、
いかに狭く小さなものであったかに気づくだろうね。

4. コミュニケーションこそ力の体験
「自分と出会い、あなたと出会い、皆と出会う」

ダンスは1人では踊れない。
だから、多くの学びもある。
相手を通して自分を感じるという独特の体感を積み重ねることで、
理論を超えた、コミュニケーション力を付けて行く。
「1人ひとり皆違うのに、人類みな仲間」という
普遍的な真理の実感版といえるだろう。

5. 自分の美学に出会える・・・
「カッコよく素敵になりたい!が本気になる」
 
一見ラクチンなようで、侮れない運動量が期待できる。
全身の筋肉にアクセスできるため、運動不足の解消には即効。
普段使わない筋肉(特にインナーマッスル)に、
意識が届くようになるため、姿勢・身のこなしが洗練されてくる。
しかも、
男性と女性が対になって踊れるようにステップが構成されているため、
ダンステクニックそのものが、
「真の男性らしさ・女性らしさ」を学べる教材だ。

6. さまざまに応用可能な基礎・土台・・・
「競技に・デモに・海外に・・!?」

最初の段階で普遍的な“基礎・土台”を身につけておくと強いぞ。
成長のプロセスにのっとってさまざまな方面に応用可能だ。
競技会・デモンストレーションダンスに転向もOK。
また万国共通の「ボディ&マインドコミュニケーション」なため、
どこに行っても「踊れる人」の仲間入りだ。
その上「最上級のコミュニケーション術」も同時に学んでいるため、
人間関係の基礎・土台にもなっている。
人生のさまざまなシーンできっと役に立つだろう。


こうやって書き並べてみると、
「良さそうなことばっかり書いてるけど、ホンマかいな?」
って感じよね(笑)
それに、もう既にダンスをスタートさせている人の中には
「私は書いてあるようなメソッドを習うわけにいかないのに、
どうしたら良いのよ!?」
というご意見もあるだろう。

ってことで、
次回 1の「思い立ったら即、ダンスOK!」
に焦点を当てて少々解説を試みる。

「本当にそんなこと可能なの?」の質問に答えるべく。
また、今のレッスンを続けながら、

自主的・自分用のメソッド開発の参考

にしていただくためにも・・・。

お楽しみに。


     つづく第7話へ



お知らせ

初心者/初級者向けイベント

ユニバーサルダンス体験会のご案内です!!

興味のある方は、

ココをクリックしてください。





Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/9-1d4472ee