FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告

ユニプラ・フォローシステム



初心の頃に学んでおきたい「触れ方の基礎」
 
~触れ合い感覚・超クローズアップ~


もうすぐ、クリスマス・パーティシーズンね。
(まだ、チョイ早いかな・・・)
どこのダンスパーティ会場に行っても、
必ずやジルバってかかるでしょ?
そのときにぜひとも試してみてほしいことがあるんだな。

『触れ方の基礎』

その4

手の変化を感じ合う

手の変化から読み取る
の実践よ。

とは言っても実際のパーティ会場に行って、
「さぁ、やるぞ!」
と意気込んでも、ナカナカできないってもん。
よほど
やることを意識し、絞り込んでおかないと
いつもの自分の習慣が出てきてしまい、
いつものように、踊ってしまうのが落ち・・・

だもんで、具体的にコレをやってみてはいかが?
おもしろいよぉ~勉強になるよぉ~
ってことを伝授します。

相手との触れ合い感覚を、

超クローズアップ


手と手でも、
手と背中でも、
部位と部位はドコでもOK
「どんな感覚がするか?」
をよくよく観察するんだ。
「温かい手だなぁ」
「ごわごわした手だなぁ」
「肉付きの良い背中だなぁ」
「細い腕だなぁ」

てな表面的なことでも、OK
踊っている間中、
ズーッと感じ取り観察するようなモードである続けるってワケ。
つまりは、
触れている部位から受けとることのできる情報を、
すべて“認識化”していくんだな。
要は、

感受力・センサーをあげていく訓練だ。

そうすると、
脳のプログラムが変わってくる。
ドウ変わるのかというと、

どんな微弱な触れ合いでも、

「あ、コレ大事かも・・・」

拾えるようになってくるんだ。

ダンスって、
踊っているときの情報量ってスゴく多いのね。
音楽やら相手やら周りからもドンドン入って来ているんだ。
その“情報過多”の状況の中で
相手を感じ続けていくって難しい。
ともすれば、小さな情報は、
「コレ、必要ナシ」
ナンて、脳みその中で、
自動消去されてしまっているかもしれないんだな。

ところが上記のような訓練をやっていると、
センサー機能は回復してくる。
また、
「仕入れたたくさんの情報をいっぺんに整理するには
元締めが必要」
とカラダで分かってくるだろう。
つまり、

相手と触れ合っている部位を、

ずーっと感じ続けて踊るには、

自分の内側

カラダの奥にある“元締め”が必要
なんだ。

ソンナコンナの訓練には、
いろんな相手と踊り、
外部情報がメッチャ多いパーティ会場が最適という訳。
え?
ジルバ以外の種目でもできソウって?
もちろん!!

ん?
競技会会場でも応用できそうって?
ソレは良い!
ただし、かなりに上級コースだけどね。


     つづく第84話へ



お知らせ

社交ダンスの基礎の基礎

ユニバーサルダンス・プラクティスのご案内です!!

12月度の開催予定日
・2010/ 12/03(金)20:00~22:00(19:00開場)
・2010/ 12/09(木)19:00~21:00(18:00開場)
・2010/ 12/11(土)18:00~20:00(17:00開場)受付終了
・2010/ 12/14(火)13:30~15:30(12:30開場)
・2010/ 12/23(木)13:30~15:30(12:30開場)受付終了

詳しくは、
ココをクリックしてください。


ユニプラをもっと活用しよう!の画期的企画

ユニプラ・フォローシステムをはじめました!

詳しくは、
ココをクリックしてください。



Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/88-291300be