FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告

ユニプラ・フォローシステム



初心の頃に学んでおきたい「触れ方の基礎」
 
~コネクション&テンションの???~


76話のジルバ・レッスン、読んでいただけたかな?
お話の中にもあったように、
最初に、

ホールドしたとき

相手にどんな風に触れているか?


“触れ加減”を、ちゃんと意識するって大事なんだよ。

でも、だからといって
触れている部分を直接的に感じようとすると、
どうも良くないようで・・・

ここら辺のことって、

手によるコミュニケーションが多い社交ダンスにおいて、

ものすごーく大事なんだけど・・・
さぁさぁ、言っている意味、分かるかなぁ?

あ、若葉さんも、
そのあたりのことでナニヤラ悩んでいるようだよ。
ジュンコ先生に相談だ。
一緒に聞いてみよう。


若葉
「昨日、友人に誘われて、あるパーティに参加したんです。
もう、全然ダメ。
落ち込んでいます」


ジュンコ先生
「あら、どうダメだったの?
踊れなかったのかな?」


若葉
「はい。
実は、パーティで最初に踊ったジルバが上手くいかなくって、
ソレをずーっと、引きずってしまったようなのです」


ジュンコ先生
「あら、ソレはかわいそうに。
ジルバで、ナニがあったの?」


若葉
「(ジルバを一緒に踊った)男性は、
そのパーティの常連さんのようでした。
とても踊り慣れている感じがしました。
ワタシ、誘われただけで、緊張してしまって・・・
それに、その日のファースト・ダンスだったので、
リキんじゃいけないと思って、
意識的に手の力を抜いて踊るように心がけたのです
すると、
コネクションがないから、
リードが伝わらない。
もっとテンションをくれ』
と言われました」


ジュンコ先生
「あら、そうだったの。
コネクションやテンションと言われて、
若葉さん、意味は、分かったのかな?」


若葉
「ハイ、なんとなく。
だって、その男性が、
とてもキツい“コネクション”“テンション”だったもので。
コネクションは、つながっている手を使って、
押したり引いたりすることだろう、
テンションは、相手との張り合いみたいなものかな、
と思いました・・・
というような解釈でいいんでしょうか?」


ジュンコ先生
「ええ、いいわ。
コネクションは、
主にラテン種目の“ハンド・ホールド”で使う言葉ね。
相手とのつながりを表しているわ。
テンションは、緊張、張り合い、ね。
でも、その男性、
ソンナにキツい“コネクション”“テンション”だったって、
若葉さん、困ったでしょ?」


若葉
「ハイ。
で、言われるままに、かなり強く
ひっぱったり、押し返したりしたんです。
すると
『それで、いいんだ』って。
でも、腕や肩が痛くなってくるし、嫌な感じでした」


ジュンコ先生
「それで、リードは分かった?
ちゃんと踊れた?」


若葉
「よくわかりません。
その男性と触れているところを感じて
とにかく、

押し返して

引っぱり返して
・・ってやっている間に、

音楽が終わりました。
ジュンコ先生、
テンションコネクションって、
あんなにキツいものなんですか?
ワタシ、いい感じはしなかったんですけど・・」


ジュンコ先生
「そうね、やや難しい問題ね。
でも、ハッキリ言えることは、

直接的なテンション・コネクションは、

問題
だわ・・・」


     つづく第78話へ



お知らせ

社交ダンスの基礎の基礎

ユニバーサルダンス・プラクティスのご案内です!!

11月度の開催予定日
・2010/ 11/05(金)20:00~22:00(19:00開場)受付終了
・2010/ 11/09(火)19:00~21:00(18:00開場)
・2010/ 11/13(土)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2010/ 11/18(木)13:30~15:30(12:30開場)
・2010/ 11/25(木)19:00~21:00(18:00開場)

詳しくは、
ココをクリックしてください。


ユニプラをもっと活用しよう!の画期的企画

ユニプラ・フォローシステムをはじめました!

詳しくは、
ココをクリックしてください。



Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/82-709bfeb1