FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告

ユニプラ・フォローシステム



初心の頃に学んでおきたい「触れ方の基礎」
 
~スロー・リズムダンスで、

メトロノーム・スイング練習~



スロー・リズムダンスについて、
知っておいて欲しい知識をあげておこう。

タイミング
SSQQ

組み方
男女、向かい合って手をとる。
男性の手のひらは上。
女性は上にそっと乗せる。
慣れてきたら、リラックスホールド
(ヒジを張らない、チカラを抜いたホールド)で。

男性 
壁に向いて立つ
左足横に(S)
右足に体重を移す(S)
左足に体重を移す(Q)
右足を左足に寄せ、踏みかえる(Q)

女性 
壁に背を向けて立つ
右足横に(S)
左足に体重を移す(S)
右足に体重を移す(Q)
左足を右足に踏みかえる(Q)

少しずつ左へ移動することとなる

音楽をかけスタートして、
「あぁ、良い感じね」
「楽しいわ」
「音楽がよく聴こえるな」
って時は、
メトロノーム・スイングが、ちゃんとかかっている
・・・とまずは見て良いだろう。

このスイングは、
「どうやって行なうのか?」
と、意識的にやればやるほどに、

カラダが“誤作動”しやすいもの。

言わば、ソレくらい自然にかかるものなんだよね。
なんたって、

重力下での“生体反応”だものね。

だから、
ビギナー時代の
ダンス・テクニックとしてのメトロノーム・スイングは、
スイングを操作しようとするのではなく、
メトロノーム・スイングが掛かるのを
妨げないようにする感覚を養っていくことが大事


要は、

、そんでもって、を力ませないことだ。

だから
「頭をスーっと高くして
首を伸ばして、
高いところに視線をおいて・・・」

なんてやったら絶対ダメよ。
一時しのぎの美的テクニックの代償は、デカイぞ。
重力さんと仲良くできないカラダになってしまうからだ。
後々、
ホンモノのスーっと高い頭の位置
長い首
良い目線が手に入らなくなっちゃうから、ホンマ、要注意だよ。

さて、
スロー・リズムダンスでソノ辺り、検証してみようか。

気分良く踊っている途中で、
男性が(または女性が)わざと頭の動きを止めてみよう
途端に・・・
アレぇ?
変!
音楽が聴こえないし、
カラダの動きもぎこちない。
相手にもすぐにバレちゃうってことがわかるよ。

今度は、わざと、頭を動かしてみよう
ワワワ!
コレまた、変な感じ。
踊れない!

ってことで、

メトロノーム・スイングは、取り扱い要注意

だからこそ、
スロー・リズムダンスを利用し、
自然なメトロノーム・スイング感覚を練習しよう。


     つづく第63話へ



お知らせ

社交ダンスの基礎の基礎

ユニバーサルダンス・プラクティスのご案内です!!

9月度の開催予定日
・2010/ 9/03(金)20:00~22:00(19:00開場)受付終了
・2010/ 9/11(土)18:00~20:00(17:00開場)受付終了
・2010/ 9/14(火)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2010/ 9/23(木)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2010/ 9/29(水)19:00~21:00(18:00開場)受付終了

詳しくは、
ココをクリックしてください。


ユニプラをもっと活用しよう!の画期的企画

ユニプラ・フォローシステムをはじめました!

詳しくは、
ココをクリックしてください。



Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/67-eb52e754