FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告



初心の頃に学んでおきたい「触れ方の基礎」
 
~優しさ・思いやりのアル触れ方~


レクチャー&プラクティスの開始だよ。
まずは、
ジュンコ先生とビギナーダンサー若葉さんの対談から、どーぞ。
(若葉さんについては第22話参照)


ジュンコ先生
「若葉さんは、グループレッスン受けているんだったわね。

どう、触れ方に関して何か習ったかしら?」


若葉
「触れ方・・・という、表現ではなかったのですが、

男性との組み方、ホールドは習いました。

スタンダード、ラテン、両方で」


ジュンコ先生
「問題はない?大丈夫?」


若葉
「大丈夫だなんて、とんでもない(笑)
問題、ばっかりです。
特に、スタンダードの方はスゴく難しいです。
ワルツをやったんですけれど、注意ばっかりされていました。

ヒジが落ちている

頭が男性に近い


・・他にも色々言われます。
一つ気をつければ、一つ忘れる、ソンナ感じです」


ジュンコ先生
「それは、大変。
踊った気がしなかったでしょ?」


若葉
「ハイ。
踊ったぁって気はしなかったです。
でも、それより、
相手の方に迷惑をかけたなぁって感じがあります」


ジュンコ先生

「相手の人と触れた感触は覚えているかな?」


若葉
「触れた感触、ですか?
うーん、まだ、ソコまで感じる余裕がないです。
自分のホールドを作るのに精一杯で」


ジュンコ先生
「その辺りから、見直した方が良いかも知れないわね」


若葉
「は?」


ジュンコ先生
「特に先ほど、若葉さんが言った、注意を受けていたという点、

ヒジが落ちている

頭が男性に近い


は、今、気にしなくても良いわ。
はっきり言って、できていなくても、全然OK」


若葉
「ヒジが落ちていても、頭が男性に近くても、
別に良いってことですか?」


ジュンコ先生
「エエ。
また、ソレを直そうと思って、
直接ヒジを上げても、
頭を男性から離しても、
根本的な解決にはならない
だろうしね」


若葉
「もっと大切な事がアルんですか?
ホールドをするときに」


ジュンコ先生
「そうよ。

ソレが、相手との「触れ方の基礎」なの。

その基礎を学んでおくと、
やがて、
自動的にヒジは落ちなくなり、
頭の位置も定まって、
キレイな格好にもなるのよ」


若葉
「ごめんなさい、
意味がまだ、よく分からないのですが・・」


ジュンコ先生
「OK、実際にやってみましょうね。
例えば、
こんなホールドの男性と出会ったら、どう?」
(ジュンコ先生は、男性のホールドのカタチをして、
若葉さんと組んでいる。
わざと、手荒な触れ方をしている)


若葉
「わぁ、怖いです」


ジュンコ先生
「そうね。
でも、今は、ヒジを落とさないように気をつけて、
頭を若葉さんに近づけないように注意しながら、
ホールドしたのよ。
テクニック通りにやったんだけど」


若葉
「でも、スゴく、
ソンナ触れられ方をしたらイヤです」


ジュンコ先生
「そうでしょうね。
じゃぁ、コレは?」
(ジュンコ先生、再び男性のホールドをして、
若葉さんと組んでいる)


若葉
「良いです!全然違います。
安心です。
優しさや思いやりを感じます」


ジュンコ先生
「ソレは良かった(笑)
でも、コレは、別に優しさや思いやりを特別にもって、
ホールドしたわけではないの。
どちらかと言えば、
気持ちより、

カラダを変えたのよ。

触れ方を変えたの。

すると、カラダから影響を受けて、
気持ちも優しくなった・・・」


若葉
「面白いですね。
触れられたワタシも優しい気持ちになれました。
触れ方って大事なんだ」


ジュンコ先生
「そうなのよ。
では、

初心の頃に学んでおきたい

触れ方の基礎


その1

相手のカラダを怖がらせてはならない

ココから説明していきましょうか」


     つづく第43話へ



お知らせ

初心者/初級者向けイベント

ユニバーサルダンス・プラクティスのご案内です!!

次回の開催は、
2010/ 7/08(木)13:30~15:30
2010/ 7/08(木)19:00~21:00受付終了
2010/ 7/10(土)13:30~15:30受付終了
2010/ 7/17(土)18:00~20:00受付終了
2010/ 7/23(金)20:00~22:00受付終了

詳しくは、

ココをクリックしてください。





Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/46-1fc0a840