FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告



ではでは、いつものように、

5月のユニ・プラ報告させていただきまーす。

ヒデ君曰く
「ユニプラ、相変わらず、人気やな」
なため、今月より、月3回開催にさせていただきました。
参加してくださった皆様、どーもありがとうございます!
そして、お疲れさまでした。

今回より複数参加もOKってことに。
「ソラ、1回より2回、2回より3回、
やればやるほど、“勝手に”上手くなるモンなぁ」

と、ヒデ君。

そうなんだ。

この“勝手に”ってところが、花丸・ポイントだ。

「これさえやっておけば、ダンス、上手くなるよ」
とか
「やればやるほど上手くなる!?」
というモンが、
ありそうで、ない、ダンスの世界において、
やるだけで、

“勝手に”上手くなっていくシステムって、

非常にありがたいものであるわよね。
でも、なぜ、そんなことが可能なんだろう?

ヒデ君曰く
「同じことをやっているようでも、
相手や音楽が変われば、全く違うものになるし、
意識を変えれば、また変わる・・・
繰り返しの中に、
すごく変化がアルから、実践的な力がつくんやろな」

その通り!
ソレをどこかで感じる方が多いため、
“ユニプラ人気”が定着してきたのかもしれないね。

さて、今回のユニプラで、

参加者に大受けしたものがあるんだな。

それは、
「今からやろう!踊れるカラダ作り」
という趣旨でやっている、
全員で最初にやる「準備体操」がわりのもの。
「ダンスビギナーが知っておくべき、解剖学」にのっとった、
「ヒトリでできる・トレーニング」
を、紹介、指導しているんだけど、
今回のソレを、やってもらった後、ダンスにつないでみるや
「スゴい!変わった!」
「シックリくる!別人みたい!」

その、即効性に驚嘆の声が・・・

ソレとは、

“手もみ”だ。
(詳しくは、社交ダンスが上手くなるということ
第119話をご参照ください)


コレの効果は、かなり昔から既に“実証済み”なんだけどね。
簡単で、
気持ち良くて、
即効性があって・・・
かなり、イイとは、
教えてみていっつも思うことではあるけれどもね。
ヒデ君もモミモミした後、みんなから
「いやぁ、赤ちゃんの手みたい」
「柔らかい!おまけに白いし、女性の手みたいねぇ」
と、絶賛!?されていたねぇ(笑)

でも、変化があったのは、モチ、ヒデ君だけではない。
参加者全員だ。
手を丹念にもむことで、
血行が良くなり、
筋肉が柔らかくなり、
繊細な神経・感度が戻り、
つないだ相手と、しっくりなじみ、
おまけに(ココからがめっちゃ重要だ)

ハンド・パワーが放出され始める・・・!!??

これ、ウソじゃないよ。
手のひらの真ん中アタリから
また
指先からエネルギーが出てくるんだ。
本来、コレが出ていないと
「相手と組む」
つまり“ホールド”ってこと自体が困難な作業になるんだけどね。
(直接、肉体で組むことは、
どうしてもカラダの苦痛を伴うこと多し
この辺りの詳しいお話はまた、オイオイね)
だから、初級の間から絶対!
(中上級者ももちろん)知っておいてほしい

普遍的エクササイズなんだな。

ヒデ君は言う。
「アレ以来、必ず“手もみ”してから、
人と組むようにしているよ。
(していないときと)すごく、違う」


「人に教えてあげると、
必ず、ビックリされるし、喜んでもらえる」

なんて言いながらもモミモミ。

どうやら、ヒデ君も手もみが癖になったみたいね。
(ちなみに、ワタシもです)
自分の手に気を配り、手入れする気持ちの芽生え・・・
コレって、大切なことよ。
柔らかい、GOODな手を差し出すのって、
社交ダンスのマナー&エチケットの域の話にもつながるもんね。

さて、お話を
ユニプラ本題に戻しましょ・・・


     つづく第38話へ



お知らせ

初心者/初級者向けイベント

ユニバーサルダンス・プラクティスのご案内です!!

次回の開催は、
2010/ 6/10(木)19:00~21:00受付終了
2010/ 6/25(金)20:00~22:00受付終了

急遽、追加することになりました。
2010/ 6/11(金)20:00~22:00

詳しくは、

ココをクリックしてください。





Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/41-7177f160