FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告



初級者向けエクササイズ
 
~腕・ブーラン 交互に前後編~


前回紹介したエクササイズ

腕・ブーランの片腕ずつ、互い違い編をやってみよう。

つまり、歩くように振るんだな。

さぁ、よりダンスの実践に近づいて来たぞ。


エクササイズ

腕・ブーラン ~交互に前後編~

① 両足を肩幅に開いて平行に置く。
② 両腕、両脚は自然に伸ばし
全身の力を抜いて立つ
このときから、腕の重みが感じ取れたらベリーグッド!
③ 垂れた両腕を交互に前後へと振る
④ 前後の振り幅をチェックして。
もし後ろにあまり上がっていないようなら、
腕を振り続けながら、アフロ姿勢へ。
前屈みになって行き、前後の振りがほぼ同じようなところで、
一旦ストップ。
振り続けて、カラダに覚えさせる
⑤ ゆっくり上半身を起こし、振る動作を繰り返す

どうかなぁ?
気持ち良くブーランブーランできるようになったかな?

実は、大事なのが、
この腕ブーラン運動の起点なんだ。
初動操作をドコで行なっているか?ということ。
この腕ブーラン・エクササイズが、上達してくると、
カラダの中では、トンデモナイことが起こっているんだ。
ソレが、腕を振る起点の位置の変化。
だんだんと、

カラダの中心が動作の起点になって来ているはずなんだ。

どういうことか、確かめてみようか・・・
腕・ブーラン ~交互に前後編~をやりながら、
どちらか片方の手で、

胸の中心部を触ってみて欲しいんだ。

腕の運動にあわせて、少し動いてなぁい?
え?
動いている感覚がアル?!
おめでとう!!
腕振りの起点が胸の中心になった証拠だよ。
腕振りの起点は、

レベルに応じて進化するんだ。

最初は、肩から先っぽの“腕のみ”

肩甲骨が動き始める

鎖骨やアバラも一緒に動き始める

胸の中心にある骨(胸骨という)辺りから動き始める

腕振りがスムーズになるにつれて、
実は下半身も成長を(自動的に)遂げていて
脚振りもスムーズに

・・・ってあたりのお話はこの次ね、ってことで、

エクササイズ

腕・ブーラン 

~前後編~
と、~交互に前後編~

に今しばらくは励んでください!

なお、もうチョイ腕振りの発展版をやりたいって人は、
「社交ダンスが上手くなるということ」
第1186話をお読み下さいね。


     つづく第34話へ



お知らせ

初心者/初級者向けイベント

ユニバーサルダンス・プラクティスのご案内です!!

次回の開催は、
2010/ 6/10(木)19:00~21:00
2010/ 6/25(金)20:00~22:00

詳しくは、

ココをクリックしてください。





Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/37-579f7800