FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告



初級者向けエクササイズ
 
~重みを感じる・重みで振る~


ダンスレッスン以前の

基礎の基礎を自力で学んで行ける


メソッド

お一人サマ・チャレンジ

テーマ第1弾 チャレンジ ザ・ダンス姿勢 
のお話が続行中!

さてさて
肩の力を抜くエクササイズの二つ目、

腕を前後に振る運動は、

ダンスビギナーのみならず、
ダンサー皆さんにオススメしたい、かなりの優れモノ・・・・
ホンマかいな?な、お話も含め、
以下、対談にてご説明いたしまーす。


ジュンコ先生
「この“腕を前後に振る運動”はね、
中国武術の原点と言われているの」


若葉
「えぇっ!?こんな簡単な運動が、ですか?」


ジュンコ先生
「そうよ。
気功や太極拳をヤル人の準備運動でもあるの。
もともとは武術の訓練の型で、
ソノ筋の人は、朝晩、40分くらいかけて、
2000回、コノ動きを行なうとか」


若葉
「すごーい、腕振り2000回!?
でも、一体、ナニに良いんですか?」


ジュンコ先生
「血液の循環の流れを良くするという評価が高いわ。
肩こりにピカ一な健康体操ね。
また、手を振ることで、邪気(いらないエネルギー)を、
カラダの外へ払う効果もある、なんて言われているわ」


若葉
「ラジオ体操みたいな扱いでもあるんですね。
あのぉ、健康面ではなく、
身体操作的な面での効果は?」


ジュンコ先生
「ダンサーには、ソッチの方が大事かな?(笑)
肩周辺の筋肉がゆるむと、
ダンサー的にも、良いことがいっぱいあるわよ。
たくさんあり過ぎるくらいなんで、少しずつ紹介するわね。
今回、この

腕を前後に振る運動で、

手に入れて欲しいのは、
まず、

リキミの振りと、

リラクゼーションの振りの違いを、

感じること


コレは、力の振り脱力の振りの違いとも言えるわ」


若葉
「ワタシのやったのは、“力の振り”でしたよね?
アペル(呼びかけ=第25話参照)すると、
力が抜けて来ましたが・・・
こうやって、
『プラーン、プラーン』
(腕を振ってみせている)
ずいぶん、力が抜けて気持ちいいです。
今、気づいたことなんですけど
腕って重いんですね!?」


ジュンコ先生
「重く感じるようになった?
ソレはとっても素晴らしいことよ!

脱力が進んだ証拠よ。

自分の腕の重みが感じられるようになることも、
このエクササイズのねらいなの。

自分に付いているカラダの部品

特に、

腕の重みが分かるようになることって、

ダンスの上達には絶対必要なのよ。


若葉
「へぇ~、そうなんですか!?
うれしい!
それに、
腕の重みで振っているという感じになってきました。
コレも良いことなのでしょうか?」


ジュンコ先生
「そうよ!
すごい、若葉さん、いきなり成長ね。
リキミの振りと
リラクゼーションの振りの違いは
ソコにあるの。

自分の腕の重みを、感じる

力ではなく重みで振っているように、感じる


コレは、身体能力がアップした証拠なのよ。
リキミとリラクゼーションの違いを、
カラダが識別し始めているのよ」


若葉
「へぇ~、
やればヤルほど、もっと、
色んなものを感じ取ることができそうですね」


     つづく第31話へ



お知らせ

初心者/初級者向けイベント

ユニバーサルダンス・プラクティスのご案内です!!

次回の開催は、
2010/ 5/08(土)20:00~22:00受付終了
2010/ 5/20(木)20:00~22:00受付終了
2010/ 5/28(金)20:00~22:00受付終了

詳しくは、

ココをクリックしてください。





Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/34-da0a1bb5