FC2ブログ
目次

ジュンコ先生の教室のホームページ




こんにちは、管理人ヒデです。


ごめんなさい!
月が変わって、更新が6月になってしまいました。

ということで、早速ですが、

7つのルール

今回は、

「注教注」を紹介させていただきます。

「注意したり、教えたりすることに、注意する」
という意味で、
いわゆる「教え魔」を禁止するルールでございます。

相手を変えようとする行為は、
百害あって一利なし!
「もっと手の力を抜いてください」
と注意された人は意識的になり、余計に力みます。

踊っているときに、
「ん?何か上手くいかないな・・」など、
何らかの不快な情報が来たら、
相手に→を向けるのではなく、
自分のカラダの変化を感じたり、
自分の感情を観察したりすると、
けっこうな確率で問題が改善されることに驚きます。

どうしても上手く行かない場合は、
相手の方を1億円の陶器のように扱いましょう!(笑)


さて、先月の

NET 

“なんちゃって・エンジョイ・タイム”
は、
(第269話参照)

「競歩」をやりました。

ベントニーや、
(接地した脚は、
地面と垂直になるまで、膝を伸ばさなければならない)
ロスオブコンタクトなど、
(どちらかの足が地面に付いていなければならない)
厳しいルールを守り続けなければ失格となる競歩は、
まじめな日本人には向いているそうです。
現在の世界記録保持者である鈴木雄介選手は、
リオ五輪で金メダルが期待されています。

競歩は、

スピーディーなルンバウォークみたいな感じです。

背筋をどんどん前に運びながら、
肩甲骨をゆすって、股関節を使いまくる。
5月のワークショップの歩行訓練と絡んだこともあり、
歩くことがめっちゃ楽しくなりました!!


そして、5月からは新しく、

ユニプラ・スローフォックス・トロット

が登場しました!
フェザーステップ→スリーステップを延々、
LODに進行していくだけですが、
気づきがたくさんあります。
「ありゃ、背筋が進行してなかった」
「うわぁ、インナーレッグ(腸腰筋)が起動してないわ」
「そうか、一歩一歩の間にいろんな揺れの変化があるんや」


最も重要なのは、

音楽を奏で続けれるかどうか!


ラストは、
片腕だけ(男性は左手のみ、女性は右手のみ)のコンタクトで、
タンゴを踊る特殊訓練。
「こっちの方が踊りやすい」
という声がけっこう聞こえてきました。
さすがはエネルギー操作に長けているユニプラメンバー!ですね。


     つづく




Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/300-a881e792