FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告

ユニプラ・フォローシステム


ジュンコ先生の教室のホームページ




JUNKOSUPPORTING VOICE

~自分を感じるって?~


はーい!
JUNKOSUPPORTING VOICE
まだまだコンテニューですぞ。
今日は、実際に
“ジュンコ先生の教室”へ寄せられた質問をご紹介しましょう。


質問
40代女性
「ダンスを始めて1年あまりです。
質問、というか、悩んでいます。
ものすごく初歩的なコトなのかもしれませんが。
ジュンコ先生のブログの中に
『自分を感じて・・・』という言葉がよく出てきますね。
実は私、
踊るときに『自分を感じる』とは、
どういった感覚なのかよくわからないのです。
自分を感じる??
社交ダンスだから
『一緒に踊る相手を感じる』
という感覚はなんとなく分かるのですが。
こんなこと、聞いたら恥ずかしいかな?
と思いながら書いています」



JUNKOSUPPORTING VOICE
「ちっとも恥ずかしいことではないですよ。
“ジュンコ先生の教室”には、
同じように

『自分を感じる』の意味が分からない

自分を感じているのか、いないか、が、分からない、
また
自分を感じるためには、
ナニをすれば良いのか、も、さっぱり・・
という方がよく来られます。

ダンスには
カタチを作ったり
ステップを踏んだり
相手からのリードを受けたり・・・

といった外の作業がたくさんあります。
その辺りにばかり気を捉えていると、
一番肝心な自分のコトが疎かになってしまいます。
一番肝心な自分のコト・・これが、

自分を感じることなのです。

『自分を感じること』とは、一体どういうことなのか?
手や脚といった
分かりよい場所が動いている感覚を知るのも悪くはありません。
でも、
ワタシがブログの中で書いている『自分を感じる』は、
主に、カラダの外側ではなく内側を感じることです。
言い換えれば、

自分のカラダの内側の変化を

細やかに捉えること


・・・でしょうか。
カラダの中とは、胴体の中。
実は、手や脚を動かす元はコノ中に入っているのです。

『自分を感じる』
具体的にその感覚を知ってもらうために、
ワタシがレッスン中に行なっている指導内容を
上げておきましょう。

深く呼吸をスル、そして味わう
カラダを少し丸めて、両手をグーにしてこすり合わせる
手足を止めて、カラダの中から、太ももこすり
(社交ダンスが上手くなるということ第62話参照)
音楽をかけ、スキに動いてみる=ミュージック・ガチャボーン
(社交ダンスが上手くなるということ第1157話参照)

今まで経験では

音楽が『自分を感じる』ための

絶好の媒体になってくれるようです。
ガチャボーンが最も良いかも。
試してみて下さいね」


     つづく第233話へ





お知らせ

社交ダンスの基礎の基礎

ユニプラ(ユニバーサルダンス・プラクティス)のご案内です!!

5月度の開催予定日
・2012/5/06(日)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2012/5/12(土)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2012/5/15(火)13:30~15:30(12:30開場)
・2012/5/17(木)19:00~21:00(18:00開場)受付終了
・2012/5/23(水)19:00~21:00(18:00開場)

詳しくは、
ココをクリックしてください。



超初心者のためのクラス

ユニプラ・ビギナーの一般公募が始まりました!

5月度の開催予定日
・2012/5/03(木)13:30~15:30(12:30開場)※祝日
参加資格:社交ダンスが未経験(1年未満OK)で、45才までの方

・2012/5/25(金)20:00~22:00(19:00開場)
参加資格:社交ダンスが未経験(1年未満OK)の方 年齢制限なし

場 所 : ジュンコ先生のプライベートスタジオにて。
(大阪市西区)
※参加者の方には、追って詳しくご連絡いたします。

参加費 : 2,000円

お申し込みは、
ココをクリックしてください。



ユニプラをもっと活用しよう!の画期的企画

ユニプラ・フォローシステムをご利用ください。

詳しくは、
ココをクリックしてください。


Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/237-f6350932