FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告

ユニプラ・フォローシステム



JUNKOSUPPORTING VOICE

~ボディ・トーンが保てない~


質問
50代女性
「ダンス歴1年の初心者です。
音楽が大好きで、良い音楽に乗って踊れたら、
さぞかし気持ち良いだろうなぁと思い、
ダンスを始めました。
ワルツをきれいに踊れるようになるのが夢です。
ところが、
週に2度ほどスタンダードの個人レッスンを受けていますが、
いっこうに上手くなりません。
悩みは『ボディ・トーン』が保てないこと。
先生が言うに、
『すぐに落ちてしまう』らしいのです。
他にも、
『頭が近い』
『背中をアップして』 
などと、しょっちゅう言われます。
でも、自分では一生懸命、
落ちないように気をつけているつもりなのです。
ただ、実際のところ、
踊っているときは無我夢中で、
カラダをあげようとはしていても
本当に、先生が望むような
ボディ・トーンが保てているかどうかはよくわかりません。
しかも、最近、
首や腰の痛みも出てきて困っています。
このような状態で、
果たして上手くなれるのでしょうか?」



JUNKOSUPPORTING VOICE
「試してみて欲しいことがあります。
踊っている最中“ボディを上げる”ことは忘れて、

音楽に焦点を当てるのです。

よく音楽を聴き、感じ、味わうのです。
目安は
『あぁ、良い曲だなぁ』
と思えるようになること。
そして
『あら、音楽に乗って踊るって楽しいわね』
となれば、しめたものです。
そのとき、カラダは変に落ちてはいないはずです。
なぜか?

カラダが音楽に乗って踊っているから

です。
ということは、
なぜ、ボディ・トーンが保てないのか?は、
『音楽とは関係ないトーンを無理矢理作っているから』
そして
『楽しく踊っていないから』

正しいボディ・トーンは、
音楽を楽しむ余裕もない状態で、
筋肉にチカラを入れ、
じっと我慢して維持するものではないのです。
ボディ・トーンが先にあるのではなく、
楽しく踊ることが先
なのです。
そうすれば、
踊っている間中、ずーっとカラダの中外が、

刻々と変化し続けているということ

楽しく踊り続けるために、
今にふさわしいボディ・トーンが生まれてくる
ということが、理解できてくるでしょう。
また、
首や腰の痛みもなくなって来ると思われます。
特に、
もともと音楽が大好きで
ダンスを始めたというアナタのこと、
『ダイレクトに筋肉にチカラをいれ、ボディを上げる』
作業よりも、

音楽からエネルギーをもらって、

ボディに張りを作る
 

ほうが、アプローチしやすいはずです。

ただし、先生から
『ボディが落ちている』
という注意をうけても、気にせず、ひたすら音楽を感じ、

自分なりに楽しく踊ることを試みる

・・・ココがポイントです」


     つづく第227話へ





お知らせ

超初心者のためのクラス

ユニプラ・ビギナーの一般公募が始まりました!

4月度の開催予定日
・2012/4/13(金)20:00~22:00(19:00開場)
参加資格:社交ダンスが未経験(1年未満OK)で、45才までの方

・2012/4/30(月)13:30~15:30(12:30開場)※祝日
参加資格:社交ダンスが未経験(1年未満OK)の方 年齢制限なし

場 所 : ジュンコ先生のプライベートスタジオにて。
(大阪市西区)
※参加者の方には、追って詳しくご連絡いたします。

参加費 : 2,000円

お申し込みは、
ココをクリックしてください。



社交ダンスの基礎の基礎

ユニプラ(ユニバーサルダンス・プラクティス)のご案内です!!

4月度の開催予定日
・2012/4/04(水)19:00~21:00(18:00開場)
・2012/4/10(火)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2012/4/14(土)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2012/4/19(木)19:00~21:00(18:00開場)受付終了
・2012/4/29(日)13:30~15:30(12:30開場)受付終了

詳しくは、
ココをクリックしてください。



ユニプラをもっと活用しよう!の画期的企画

ユニプラ・フォローシステムをご利用ください。

詳しくは、
ココをクリックしてください。


Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/231-7b39bfb2