FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告

ユニプラ・フォローシステム



JUNKOSUPPORTING VOICE

~足元がふらつく~


質問
40代女性
「ダンスをはじめて半年、
グループレッスンでルンバが始まったのですが、
足元がフラフラして困ってしまいます。
それまでに習っていたワルツでは相手の方のおかげもあって
“立てない”
というようなことはなかったのですが、
ルンバになって、急にグラグラして、
バランスのとれていない自分に気がついたのです。
先生からは
『しっかり、床をプレスして(押して)』
とか
『もっと、腰を重く』
などとアドバイスを受けますが上手くできません。
どうしたら、フラフラしなくなるでしょうか?」


JUNKOSUPPORTING VOICE
「『しっかり立とう』とする意識を止めてみて下さい。
すると、

『しっかり立てる』ようになりますから。

また、
足元はフラフラ・グラグラの今のまんまで、大丈夫です。
むしろ、リキミがないので、その方が良いのです・・・
などと言えば、混乱されるでしょうね。

でも、この辺りは非常に大事なことなので、
ストレートにお伝えしておきます。

バランスが良くするための解決を足元に決して頼らないこと。
目を向けるべきは、

足ではなく、カラダの中なのですから。

試しに、お腹をぐぐっと締めた感じで、歩いてみて下さい。
感覚が違うのが分かりますか?
一歩一歩にしっかり立っているか、
あまり気にならないのではありませんか?
よくわからないという方は、
両手をみぞおちやや上部に持ってきて、押し合ってみて下さい。
手で押し合うのではなく、

お腹の中で押す・・・

という感じにするのがポイントです。
グッと締まったような感じがしますか?
では、その締まった感覚だけを追い続けながら、
歩いてみて下さい。
足元が気にならなくなった?
OKです。

では次に、
足を肩幅に開いて、同じように両手を合わせて下さい。
そのままで
左右にカラダを揺らします。
お腹の辺りやその周り、
アバラや背中も一緒に揺らしてみましょうか。
と、足元がその揺れに合わせて、
左右、自動的に体重が移動できている
事を確かめてみてください。

このように、
足から足への移動は“足”の操作ではなく、

カラダの中の操作

および

揺れにしたがってなされる

ものなのです。
これのことは、
ダンスが上手くなっていくにおいて非常に重要です。
ルンバのみならず、すべてがそうなのですから。
であるため、

カラダの中や揺れに焦点を当て直してみる

ことをお勧めします」


     つづく第194話へ





お知らせ

社交ダンスの基礎の基礎

ユニプラ(ユニバーサルダンス・プラクティス)のご案内です!!

12月度の開催予定日
2011/12/03(土)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2011/12/08(木)19:00~21:00(18:00開場)受付終了
・2011/12/13(火)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2011/12/16(金)13:30~15:30(12:30開場)
・2011/12/18(日)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2011/12/22(木)19:00~21:00(18:00開場)受付終了

詳しくは、
ココをクリックしてください。


ユニプラをもっと活用しよう!の画期的企画

ユニプラ・フォローシステムをはじめました!

詳しくは、
ココをクリックしてください。



Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/198-a3f15b22