FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告

ユニプラ・フォローシステム



JUNKOSUPPORTING VOICE

~音楽が外れている・・・?~


質問
50代男性
「ダンスを始めて2年目になります。
音楽の事で悩んでいます。
最近、頻繁に、
周りから音楽について注意を受けるようになったのです。
どうも、音楽の取り方がおかしいようです。
注意は色々です。
外れている?
遅れている?
いや、速すぎる?
ところが困ったことに、
本人は、全くピンときていないのです。
『カウントをしっかり取りなさい』
と言われても、
踊っているとワケが分からなくなってしまいます。
音楽のことが気になって、
以前のように楽しく踊れなくなってきてしまったのですが、
どうしたらいいでしょう?
カウントを取る練習など、したほうがいいのでしょうか?」


JUNKOSUPPORTING VOICE
「今までにはなかった、同じエリアの注意を、
周りから受け始めたと言うことは、
その辺りで何らかのレベルアップを
スルべき時がきたということでしょう。
ソレが、アナタの場合は“音楽との関係”・・・
ただ、
“音楽の取り方がおかしい
ことよりも
“以前のように楽しく踊れなくなってきてしまった”
ことのほうが、問題ですね。
ココで
『よし、カウントを取る練習をするぞ』となったら、
もっと楽しくなくなってきてしまう恐れがあります、
では、どんな練習をスルべきか?

音楽をカラダで感じて踊る練習です。

もっと言えば、

カラダの動きと音楽の間に、

もっと一体感が生まれる
ような練習です。

そうすれば、踊ることがもっと楽しくなり、
おまけに音楽との関係も良くなってきます。

具体的には・・・
例えば、ルンバの曲をかけます。
音楽を感じてみます。
耳を澄ましていると、

音楽の中には色んな動きがある

ことが分かってくるでしょう。
ソレをまんま、
素直にカラダで表現してみるのです。
言い換えれば、
『音楽を、自ら受け取りに行き、感じて、
カラダの中に入れて、好きに動いてみる』

ポイントは、
音楽を、受け取りに行くというあたりでしょう。
自発的に、聴きに行くのです
音楽を聴く行為を、
勝手に聴こえてくる音楽に対して反応する
“受動的行為”ではなく、

“能動的行為”とするのです。

“能動的行為”によって、
カラダの動きにも変化があるはずです。

カラダの中が動いてくるかもしれません。

そうなれば、しめたもの!です。

実は音楽から外れている
カウントがオカシイ・・・などの問題は、
カラダの外側だけを踊っている間は、
どうしても真の解決に到らないものなのです。
カラダの内側が踊るレベルが向上すれば、
必ずや、解決してきますので、大丈夫です」


     つづく第193話へ





お知らせ

社交ダンスの基礎の基礎

ユニプラ(ユニバーサルダンス・プラクティス)のご案内です!!

12月度の開催予定日
2011/12/03(土)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2011/12/08(木)19:00~21:00(18:00開場)受付終了
・2011/12/13(火)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2011/12/16(金)13:30~15:30(12:30開場)
・2011/12/18(日)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2011/12/22(木)19:00~21:00(18:00開場)受付終了

詳しくは、
ココをクリックしてください。


ユニプラをもっと活用しよう!の画期的企画

ユニプラ・フォローシステムをはじめました!

詳しくは、
ココをクリックしてください。



Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/197-a20ddfd1