FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告

ユニプラ・フォローシステム


 
初心の頃に学んでおきたい「ボディ・リメイク」
 
~胴体が柔らかくなる3つの訓練~


前回の続き。

“胴体が柔らかくなる3つの訓練”は、

背骨とアバラが動く3つの方向
(1)前後
(2)左右
(3)回転

に則って(のっとって)いる。

胴体が柔らかくなるには、
この3方向の動きが、全部スムーズになればいいわけだ。
(前後のみスムーズに動く・・・などと、かたよりがナイように)
だもんで、
訓練も、3方向がすべて満たされれば、それでOK
実は
訓練自体は、
色んなカタチのエクササイズとしてすでに紹介済みでもあるため、
ソレらをまとめながら、
要は、
“胴体が柔らかくなる3つの訓練”
をすることで、

どういう風になれば良いか?

をお伝えしておこう。


(1)前後

前は、胸骨(きょうこつ)
後ろは、胸椎(きょうつい)
この2箇所が連動し
「反ったり、丸まったり」の可動範囲が大きくなり、
動きがスムーズになれば良い。
肩甲骨を寄せ合うVS離れ合うという動きでも可。
オススメは椅子に座って行なう
前後方向へのエクササイズ
(社交ダンスが上手くなるということ 第828話参照)
および
四つん這い
(社交ダンスが上手くなるということ 第152
Real Junko Voiceスペシャルバージョン90参照)

チェストセンター・エクササイズも、
楽しくできるし、いいね。
(社交ダンスが上手くなるということ 第1365話参照)


(2)左右

ただ、体側を伸ばすだけではなく、
骨盤とアバラの間を引き離す事が超大事。
この距離感が出てきて、
グーンと伸び~る感覚になる事が目標だ。
胴体の筋肉全般が柔らかくなるが、
コルセット筋も同時に鍛える事ができる。
174話参照
腹横筋・腹斜筋ストレッチを参照してね。
あ、そう!
今、「社交ダンスが上手くなるということ」でシリーズ中の

R・A・P

6番フェンシングとってもオススメだ。
(第17221734話参照)


(3)回転

腰の動きを止めて、胴体だけねじる事がポイントだ。
引っかかりがなく、スムーズにねじれ、
左右の回転に、偏りがない事を目指そう。
フラメンコ的・カラダの軸の意識
カラダを左右にねじる
(社交ダンスが上手くなるということ 第1088話参照)
回旋筋エクササイズ
(社交ダンスが上手くなるということ 第586話参照)
が良い。


胴体が柔らかくなった “証(あかし)”として手に入るのが、
首から肩、デコルテ〜背中に続く“ライン” から放たれる

あの“美・オーラ”・・・ってことで、
(第180話参照)

(訓練は)今もなお継続中だ。


     つづく第186話へ





お知らせ

社交ダンスの基礎の基礎

ユニプラ(ユニバーサルダンス・プラクティス)のご案内です!!

11月度の開催予定日
・2011/11/10(木)19:00~21:00(18:00開場)受付終了
・2011/11/12(土)18:00~20:00(17:00開場)
・2011/11/13(日)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2011/11/15(火)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2011/11/25(金)13:30~15:30(12:30開場)

詳しくは、
ココをクリックしてください。


ユニプラをもっと活用しよう!の画期的企画

ユニプラ・フォローシステムをはじめました!

詳しくは、
ココをクリックしてください。



Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/190-de0af7d1