FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告



なぜ、社交ダンスなのか?
 
~アンバランスなダンサーがいっぱい!?~


実はですねぇ、
今の社交(競技)ダンスには問題点がいっぱいなんだ。

「自分は果たして上手になっているの?
この先、上手になっていくの?」

「あの人は、どうなの?
あれって、
上手くなっていってるってことなの?」

つまりは、
「ひょっとして、
ウン十年やってもモノにならないんじゃない!?」

で、
「せっかく始めたけど、つまんない。
ヒトリでヤルモノの方が、気楽で良いわ」

と、辞めていっちゃうビギナーさんも多いというウワサ。

また、今までの経験を活かし、
コレから第2のダンス人生を・・・な道を選択せず
「もう、歳だし、
この辺できりあげて、他の趣味をみつけようか」

って、思いの人は、
潜在的にたくさんイルんじゃないかな・・・と見ている。
この事態、

「アァ、もったいない・・・」だけでは、

すまされない
と思うわけよ。

ん?こんな声が聞こえてきたぞ。
「ジュンコ先生、一体、ずっと何を言ってるの?
そんな問題、ワタシのまわりにはちっとも感じないわよ。
ダンスって楽しい。
素晴らしい。
健康に良いし、良い仲間ともたくさん巡り会えて・・・
ワタシは、幸せよ」

コレが、ホントウならば、全くOKだ。
祝福!
目指すダンスの方向性が、
ピッタリ、自分に合っているんだろうね。

が、しかし、こういう声が後に続くなら、それはチョイ問題だ。
「人間、あきらめが肝心よ。
わたしは、もうこれ以上、
上手くなろうなんて欲はないから、もめ事や悩みがないのよ。
まぁ、そこそこに楽しかったら、それでいいの・・・」


こういう方には、頃合いを見て、
こんな風に尋ねてみるんだ。

「でも、もしアナタが、この先、突然飛躍して、
今よりうーんと上達できたなら、どうかな?」


と、ほとんどの方はこう答える。
「そりゃぁ、うれしいに決まってます」

そうでしょ?
で、ワタシは思う。
みんなもっと、もっと、
良い意味でどん欲になって欲しいんだ。
社交(競技)ダンスが上手くなるということに・・・
ってことで、
お話を続けたいと思う。


え~、ココから、
改めましての気持ちで書いていくね。

例えば、料理・英語会話・・を約10年間、教室などで習ったとする。
上手下手に関わらずどんな人でもある程度はモノになっているはずだ。
それを証拠に、始めて3ヶ月の初心者と比べてみよう。
料理なら作れる品目、
英会話なら話せるフレーズの数だけで考えてみても、
明らかに差があることが分かるだろう。
ところが、である。
社交ダンスは違う。
10年20年チャンと習い続けたからといって、
モノになっているとは限らない

むしろその逆なんてことが平気である。
なんとも夢のない話で、
これから社交ダンスを習おうと思っている方には恐縮なのだが、
事実なのだ。

社交ダンスが難しいのは、
たくさんのステップが踊れるようになったコト、イコール
モノになったというわけではないし
また、
ビジュアルが良くなったり、
スムーズに動けるようになったからOKでは決してない
って、ところにあるわけ。
たくさんのステップを知っているからといっても、
相手に伝わらなかったり、
単なる自分勝手で終わってしまったりしては、
かえって、マ・ズ・イ。

かといって、
「見た目が悪くても、中身で勝負!」も通用しないし
「先生とだったら踊れるのに」なんて言い訳もできない。

社交ダンスをやっている多くの人は、

ある部分はものすごく上級者

いわば大学生。
にもにもかかわらず、

ある部分はものすごく育っていない、初心者

いわば幼稚園児といった

アンバランスな状態にいるんだな。

例えば、ダンス暦30年、競技経験あり、
ルックス&スピード&パワーが持ち味。
ただし、音楽表現はウーン!?なんて人はザラにいる。
また、ダンス暦10年の女性。
どんなステップでも相手についてゆくことができる。
でも、1人では全く踊れない。
これもよくあることだ。

アー、だから社交ダンスは難しい・・・
チャンチャンとなってしまいそうだが、
今現在社交ダンスをやっている多くの人が、
この難解な状況の中で、
それでも上手になりたいとがんばっている。

でも、自分は、

“本当に”

上手になっているのかどうかは分からない


いつも不安だ。
これでいいのだろうか、迷っている。
ダンスに取り組んできた年月も、
「あなた、上手になったわねぇ」という他人の声も、
競技会の肩書きも、実はアテにならない。
「上手くなった!合格」の真の証にはならない。
それが現実だ。
では、一体どうしたらいいのだ? 
社交ダンスが“上手”になるとはどういうことか、
何を手に入れたら、
どこに到達したら、
「モノになったぞ!」と公私共に胸が張って言えるのか?
そしてそれはどうやったら手に入れることができるのだろうか? 

についての提言を次回!


     つづく第17話へ



お知らせ

初心者/初級者向けイベント

ユニバーサルダンス・プラクティスのご案内です!!

興味のある方は、

ココをクリックしてください。



Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/19-0630daf9