FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告

ユニプラ・フォローシステム


 
初心の頃に学んでおきたい「ボディ・リメイク」
 
~背骨の動き3方向~


180話の続き。

自分の“首・すくめ(短い)&いかり肩”症状は、
「慢性的な
アバラの緊張&背中の緊張が原因!?」

と気づいたワタシは、改善に乗り出した。

着目したのは
アバラの中心的存在である

胸骨(きょうこつ=胸の正面にある、縦長の骨)

と対(つい)になる
背骨で最もゆるみにくいとされる

胸椎(きょうつい=特に、左右肩甲骨にはさまれた辺り)だ。

「胸骨と胸椎をゆるめよう!
んで、
胸と背中を柔らかくするぞ!」
で、最初に試したのが、

あの優れものエクササイズ“四つん這い”

胸と背中を反ったりゆるめたりする、
いわゆる“ドック&キャット運動”だ。
(第175話参照)
ところが、全然ダメ。
犬にも猫にもなれない!
がんばってやっていると、気分が悪くなってきて、
おまけに、腰が痛くなってきたんだな。
(背骨がメッチャ固いからだろう、腰を反ってしまうんだ)

「こりゃぁ、先は長いわ・・・」
チョイ暗~くなりかけた時、ある本の記事が目に留まったんだ。

「人間の胴体は、
手足に比べ、非常に動きにくいものだ。
背骨にしても肋骨(アバラ)にしても、
驚くほど動きにくくなってしまっている。
だが、しかるべき訓練をすれば、
これまた、
驚くほどに柔らかくもなるものだ。
(中略)
胴体が柔らかくなるには、

3つの訓練をすればいい。

これは、

背骨の動く方向に則って(のっとって)いる。

背骨の動く方向は、大きく分けて3つしかないからだ」

「3つの方向とは、

(1)前後

(2)左右

(3)回転


この動きは、
肋骨(アバラ)の動く方向とみごとに適応している」

上記3つの方向をチョイ説明しておこう。
(1)前後とは
前は、前屈(ぜんくつ)方向 前方に頭を垂れる方向
後ろは、その反対、反る方向
(2)左右とは
カラダを真横に曲げ
体側(サイド)の左右どちらかを伸ばし、縮める方向
(3)回転とは
まっすぐ正面を向いたところから
左右後ろに振り返る方向

で、上記

“胴体が柔らかくなる3つの訓練”

をワタシなりに解釈し、
エクササイズとして活用したわけよ。
結果は・・・
ムフフ。
コレの成功で手に入れた“感覚”が、
ジュンコメソッドの中にアル
さまざまなエクササイズの根幹を成しているんだよ。

ってことで、
次回、
“胴体が柔らかくなる3つの訓練”
をまとめてお伝えしよう。


     つづく第185話へ





お知らせ

社交ダンスの基礎の基礎

ユニプラ(ユニバーサルダンス・プラクティス)のご案内です!!

11月度の開催予定日
・2011/11/10(木)19:00~21:00(18:00開場)受付終了
・2011/11/12(土)18:00~20:00(17:00開場)
・2011/11/13(日)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2011/11/15(火)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2011/11/25(金)13:30~15:30(12:30開場)

詳しくは、
ココをクリックしてください。


ユニプラをもっと活用しよう!の画期的企画

ユニプラ・フォローシステムをはじめました!

詳しくは、
ココをクリックしてください。



Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/189-92e7b8c9