FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告

ユニプラ・フォローシステム



初心の頃に学んでおきたい「ボディ・リメイク」
 
~まず、肋骨をゆるめよ。~


前回の続き。

セルフ・背筋(せすじ)矯正に、乗り出したワタシ。
さまざまなシーンにおいて、
背筋がすーっと伸びず、歪んだり丸くなったりするのは、
カラダが「ソッチがラクだ」と選んでいるから。
で、“背中の歪み・丸み”を選択する理由は、

みぞおちやワキが

凝り固まっているせい!?


に気がついたんだな。
言い換えれば、
みぞおちやワキが凝っていると、
背筋が伸びない
腰が伸びない
胸も起きない

その凝った部位をゆるめることなく、
無理に良い姿勢に持っていこうとするとキツイ、のだ。

ワタシは
「カラダをゆるめる・力を抜く」ことに専念するようにした。
どこの、か?

肋骨(あばら)だ。

みぞおちとワキのコリが、
元を正せば
肋骨の硬化(こうか)から来ていると感じたからだ。
それに、
肋骨は背中にもアル。
肋骨の硬化は、まんま、背骨の硬化につながるはず。
で、
背骨を固めたまんま、
無理矢理「背筋を伸ばした良い姿勢」にしようと思っても、
そりゃぁ、カラダが嫌がるに違いないと思ったのだ。

ワタシは、
ガチガチに固まっていた

肋骨の大工事に取りかかった。

ただ、この工事には
リスクがあった。
肋骨って、
ビジュアルを大きく左右するもの、だからだ。
早い話、
肋骨前面(みぞおちあたり)をゆるめると

もともとの猫背が

もっと猫背になっちゃう!!!???


いやーだなぁ。
少しでも早く
背筋がすーっと伸びたダンサービジュアルになりたいのに・・・。
でも、ココからが、大事。

今、ワタクシ思うに
「ボディリメイクにおける自分のカラダとの対話」
ってホンマメッチャ重要だ。
とくに、
背筋(せすじ)矯正・猫背の矯正に関しては、
ソレなくしては絶対に無理だったと思うんだ。
見た目判断は危険。
また、
外部の人間のどんな“声”よりも、
“言い分”を聴いてあげるよう努めることで、
自分のカラダの一番の“理解者”になった。
で、
優しく
でも、時に厳しく
変に甘やかさず
かといって、
無茶をさせず・・・
ソンナコンナなプロセスを経て、矯正は進んだ。
現在も進行中ではあるが、
今や

自動的にカラダ自らが

“良い姿勢”

選択してくれるようになった
んだ!!

次回より
ワタシが実際にやってきた
肋骨大工事を披露しよう。


     つづく第151話へ





お知らせ

社交ダンスの基礎の基礎

ユニプラ(ユニバーサルダンス・プラクティス)のご案内です!!

7月度の開催予定日
・2011/ 7/07(木)19:00~21:00(18:00開場)受付終了
・2011/ 7/09(土)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2011/ 7/12(火)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2011/ 7/15(金)15:00~17:00(14:00開場)
・2011/ 7/24(日)13:30~15:30(12:30開場)受付終了

詳しくは、
ココをクリックしてください。


ユニプラをもっと活用しよう!の画期的企画

ユニプラ・フォローシステムをはじめました!

詳しくは、
ココをクリックしてください。



Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/155-556e605b