FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告

ユニプラ・フォローシステム



初心の頃に学んでおきたい「ボディ・リメイク」
 
~内面の声に従う~


はーい、
ボディ・リメイクの続き。
(ボディ・リメイクについては第85話を参照してね)

背筋矯正・猫背矯正のお話だったね。

141話の記事
「ダンサー背骨矯正には、
できる限り、整体やお医者さんのお世話にならず、
日常生活の中での
『背骨の歪み・猫背になるような習慣性の改善』
を努めつつ
ダンスや、ダンス用エクササイズをすることで、
矯正に励む」
・・・が、ベスト!」
を読んだという方からこんな声が上がったんだ。

「私、背中が丸いのがスゴく嫌なんです。
ビデオで自分の姿を見てショックを受けました。
日頃からお世話になっている整体の先生に相談すると、
やっぱり、日常の姿勢から、
気をつけた方が良いと言われました」

「先生は、私の肩甲骨をグッと寄せあい、
『ここが、本来のアナタの肩の位置です』
と言いました。
そして、
『普段から、左右の肩甲骨を寄せ合うように意識し、
鎖骨の下あたりの胸を開くように努めなさい』
と指導を受けたのです」

「自分の(ダンスの)
コーチャーにも同じことを言われました。
『踊る時だけではなく、
普段から、肩甲骨を寄せて、腰を伸ばして、胸を開いて』と。
でも、
『その時に反りすぎてみぞおちが抜けないように。
みぞおちは締めるように・・・
』
その姿勢が難しくって。
私にとっては、
肩甲骨を寄せて腰を伸ばすだけでも、大変なのです」


さぁ、どうだろうか?

猫背の矯正として、よく言われるのは、
「普段の姿勢から気を付けよう」
で、どう気をつけるかについては、
以下のようなアドバイスがもっぱらだ。

左右の肩甲骨を寄せ合う
腰を伸ばす
胸を開く
みぞおちあたりは締める・・

実は、ワタシも同じようなアドバイスを、
コーチャーや整骨院の先生からもらってきたんだ。
もちろん、試しても、みた。
でも、結局は、上手く行かなかった。
どーいうことかって?
なんだか

「カラダが嫌がる」んだ。

カラダはこう訴えているようにも感じたんだ。
「みんなのアドバイスは間違いってワケではないけれど、
それだけでは、ダメ。
根本解決にならないよ」
「どーしたら良いかを知るために、
もっと “自分のカラダ”と向き合ってよ


ワタシは、

その内面の声に従うことにした。

ワタシの姿勢を治そうとスル
外部のヒトたちのアドバイスよりも、
内面からのアドバイスに従ったのだ。

今、思うに、

それは、正解・・・だった。

このブログを通して、
ソノやり方(内面からのアドバイスに従う方法)を
伝授できればと思っているよ。


     つづく第148話へ





お知らせ

社交ダンスの基礎の基礎

ユニプラ(ユニバーサルダンス・プラクティス)のご案内です!!

7月度の開催予定日
・2011/ 7/07(木)19:00~21:00(18:00開場)受付終了
・2011/ 7/09(土)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2011/ 7/12(火)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2011/ 7/15(金)15:00~17:00(14:00開場)
・2011/ 7/24(日)13:30~15:30(12:30開場)受付終了

詳しくは、
ココをクリックしてください。


ユニプラをもっと活用しよう!の画期的企画

ユニプラ・フォローシステムをはじめました!

詳しくは、
ココをクリックしてください。



Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/152-d5bf279b