FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告

ユニプラ・フォローシステム



パーティって、意外と服装に迷うものよね?
で、ユニプラ・パーティでは、
1回1回、そのイベント内容に沿った

「こんな基準で、いかが?」

なる
「ドレス・コード」をもうけ、参加者に通達することになったんだ。

とはいうものの、
縛りのアルものではなく、
お遊びの要素も多分に入っているって、モン。
今回のドレス・コードは・・・・

「素敵・カジュアル」

みーんな、
いつもの印象とはまたまた違って、ステキ!だったなぁ。
「桜・ピンク」を意識した華やかセレクトもアリ
ソンナコンナなだけでも、うれしい気分になったのでした。

最初から大盛り上がり・・・だった。
休んでいる人がほとんど、いない。
ずーっと踊りっぱなしだ。

「力まないで、音楽をカラダで感じて、
踊っているからかしら、
変な、疲れはないのよねぇ」

「誰と踊っても上手!
(踊っていて)練習になる。
「楽しい!時計を見て、ビックリ! 
あっという間に、時間が経ってる」


参加者の声だ。
1時間も立たないうちに
「(汗&熱気で)お風呂上がりみたいな、顔をした人」
続出!?
なんせ、普段“パートナー・ワーク”で、
腕を磨いているメンバーによるパーティなんだから、
中には、
男性よりも男性役が上手い女性
女性よりも女性役が上手い男性
がいるわけで、
そりゃぁ、特別な面白さがアルってモンよ。


想像以上に白熱したのが“コンテスト”だった。
まずは、

“ユニプラ式・コンテスト”

種目は、

サルサジルバ

カップルは、くじ引きで決定。
(男性同士になってしまっても、まんま決行)
予選は、ジュンコ先生が審査、決勝6組を選出する。
ココからは、決勝に残らなかった全員が審査員。
「いいな」と思う1カップルを選んで、投票箱へ。
一番多く票を集めたカップルが優勝・・・てな、進行だった。

結果
サルサは
「豊かな笑顔が好印象、
熟年のさわやかなお色気と思いやりにあふれたダンス」

を披露した、お二人に。
ジルバは
「ノリノリのトランス状態。
音楽から生まれた“軟体性のカラダ”による
コミュニケーションがGOOD」

な、女性カップルに栄冠が・・・となったんだな。

ジュンコ談
「“ユニプラ式・コンテスト”ならではの優勝者でしょうね。
キモは“(相手&音楽との)コミュニケーションと、ノリ”
ワタシではなく、
参加者全員で選出したことに意義があったと思うわ」



“シャイン(一人で踊る)コンテスト”

は、さらに、ヒートアップ。
前回のクリパのときは、恥じらいや、戸惑いのせいだろう
「イマイチ、気分が乗らない」
まんま終わった人が多かったかも、
だが、今回はずいぶん違った。
特に決勝戦は、スゴかったぁ(笑)
曲は、ワークショップで使った
マイケル・ジャクソンの「ビリージーン」
前奏部分 “各自の世界”にスーっと入っていく。
スタジオの空気が変わる。
息をひそめ、見守る、ギャラリー
一人、また一人と、踊り始める。
もちろん、即興だ。
なんと、独創的な動き!
全員、上手い。
ワタシも、審査することを忘れ、
しばし、見とれてしまうほどだった。

優勝は・・・クリパの勝者。

2冠達成だ。

ジュンコ談
「王者の風格。
内面の世界がドンドン広がりつつアルようだ。
何かを『やろう・しよう』ではなく、
音楽の影響を受けとり、素直に乗って動いている。
“競技の場”では、なかなかできないことだ。
あっぱれ」


準優勝・・・ここ最近“ダンス・飛躍”が顕著な方。
ギャラリー誰もが、納得の勝利だろう。

ジュンコ談
「曲の起承転結を独自の風合いで表現。
非常に魅惑的なシャインだった。
(審査をしていても)
観客の“驚き”の様子がビンビン感じられた。
ご自身にとっても“新たな自分の発見”となったことだろう」



そして、忘れてはならないのが、
女性4人組による

サンバ・デモ

メンバー全員そろっての練習は1回しかなかった、
なぁんて信じられないほどの
完成度の高さにビックリだ。

ジュンコ談
「サンバが上手くなった・・・それが、うれしい。
いくら構成が良くても、美人4人組でも(笑)
ダンスの上手さがあってこそだからね。
スゴく良かった。
もう一回、見たいなぁ」


いやいや、盛りだくさんの桜祭り
他にも、
アメリカン・タンゴのミニミニ講習
“桜の木”を囲み、
座布団の上での食事タイム
“見所”“楽しみどころ”満載だった・・・が。


最後に。
「非常にみんな、実力がついてきた。
個人のダンス力が全体のダンス力アップに、つながる・・・
そんな素晴らしい仕組みが、現れつつアル。
パーティのなかで、ソンナコンナがハッキリ、見えた」


「ただ、 “解放”が、
個人&全体ともに対し、真に貢献していくためにも、
少し“締めなければならない点”も出て来た様子だ。
『ダンスが上手くなればなるほどに、
どーしても勃発してしまう、

社交ダンスならではの“問題”

が、見え隠れ。
さぁ、その辺りをどうするかと、熟考した結果

来月より・・・」



     つづく第135話へ





お知らせ

社交ダンスの基礎の基礎

ユニプラ(ユニバーサルダンス・プラクティス)のご案内です!!

6月度の開催予定日
・2011/ 6/11(土)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2011/ 6/14(火)13:30~15:30(12:30開場)
・2011/ 6/23(木)19:00~21:00(18:00開場)
・2011/ 6/26(日)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2011/ 6/29(水)19:00~21:00(18:00開場)

詳しくは、
ココをクリックしてください。


ユニプラをもっと活用しよう!の画期的企画

ユニプラ・フォローシステムをはじめました!

詳しくは、
ココをクリックしてください。



Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/139-a29ee823