FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告

ユニプラ・フォローシステム



初心の頃に学んでおきたい「ボディ・リメイク」
 
~ヒザ・脱力儀式~


A子さんの“美脚道”

足裏トレーニングが終了し、今度は・・・?


先生
「足裏の緊張が解けたら、
次はふくらはぎ、そして、
太モモ・・と言ういう様に、上にあがっていくの。
で、やがて、上半身と接続。

あ、その前に大事な“儀式”がアルわ。

足裏の緊張が溶けると、
床から入ってくる情報を “回収”しやすくなるんだけど、
その情報を速やかに伝達するには、
この“儀式”が欠かせない・・・

ヒザ・脱力

これがナイと、

足裏と上半身を接続できないのよ」


A子
「意味がよく分からないのですが・・・
要は、ヒザにムダな力が入っている
そのままだと、
カラダにとって不都合ってことですね?」



先生
「まぁ、そうね。
ヒザ関節をゆるめると、股関節も楽になるから、

両脚の長さも整うしね」


A子
「え?
私、左右の脚の長さ、違うんですか?」



先生
「ええ。
脚って想像以上に複雑でね、
そういうこと(左右の脚の長さが違う)って、
全然、珍しいことではナイの。
ちょっと変な歩き方・・・くらいでも、なってしまうものなのよ。
でも、大丈夫。
リセット可能。
ソレが今からヤル、

ヒザ・脱力の儀式なのよ。

片足を投げ出して座って・・・
もう片方のヒザは軽く立てていていいわ。
ではまず(投げ出した方の足の)
つま先を左右に動かしながら、クルクル回す。
次に、
その足の膝の辺りを両手で持って、
上下に軽くトントンするの。
そう、軽く上に持ち上げ、ソレから、床に落とす。
トントン・・
脚は脱力してね」


A子
「なんだか、
ヒザ裏のこわばりが消えてきました」



先生
「でしょ?
簡単なのに、威力はアル・・・
股関節も、楽な感じ、しない?」


A子、両脚をトントンした後、立ち上がって。


A子
「あれ?
なんだか、立ちやすい。

踏ん張っていない感じです。

あ、コレが股関節が楽って感じなのですね」



先生
「そう!
踏ん張らない脚は、見た目もキレイよ。
A子さん、自分で確認してごらん」

先生、A子を鏡の前に連れて行く


A子
「ホントウだ・・・」


先生
「美脚道、快調ね」


A子
「でも、不思議です。
どうして、
ヒザ裏をトントンって下に落としたくらいで、
こんなに変わるんだろう?」



先生
「そうね。
ヒザって想像以上に力んでいるモノなのよ。
そのリキミを取るだけで、

カラダ感覚は大きく変化して・・・」


A子
「退化せず、進化できるんですか?」


先生
「そうなのよ。
実は、美脚になるにも、
ダンス力アップにも、
ヒザ脱力は非常に大事なのよ・・・」


     つづく第124話へ



お知らせ

社交ダンスの基礎の基礎

ユニバーサルダンス・プラクティスのご案内です!!

4月度の開催予定日
・2011/ 4/07(木)19:00~21:00(18:00開場)受付終了
・2011/ 4/12(火)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2011/ 4/16(土)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2011/ 4/24(日)13:30~15:30(12:30開場)受付終了

詳しくは、
ココをクリックしてください。


ユニプラをもっと活用しよう!の画期的企画

ユニプラ・フォローシステムをはじめました!

詳しくは、
ココをクリックしてください。



Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/128-edb73f1b