FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告

ユニプラ・フォローシステム



初心の頃に学んでおきたい「ボディ・リメイク」
 
~怖いぞぉ~足裏診断~


114話の続き。

あ、そうだ・・・お伝えしておかないと。
本来なら“今月のユニプラ報告”のハズですが、
「美脚記事に関心アリ。早く先が読みたい」
という読者が意外や多いもんで、
ご要望にお応えしようかなって、思ったわけ。
おまけに、
前回よりコンテニューな“足裏・記事”は、
「美脚は別にドッチでもエエけど、
ダンスは早う(早く)上手くなりたい」

男性の方にも、お役に立つかも・・・なんで、よろしく。

脚にコンプレックスを抱えていたA子さんが体験した

「美脚への道」

まず、先生がA子さんに指示したのは、
脚を隠さず、表に出し、自分の目で観察すること。
そして、
ハイヒールを履きこなす訓練を意図的にすること。
その訓練の第1弾が、
なんと、足裏!?

美脚は足裏からは、本当よ」

と、先生。
「靴の中に押し込められ、
体重をかけられ、酷使している足裏。
自分の足裏状態を、
常日頃からチェックしようという気持ちを持つコトが、
ケアの第一歩ね。
足や足裏って、意外にも、

すごーく複雑&繊細な構造なのよ。

だから、手をかけてあげればあげるほどに、
オモシロイほどぐんぐん変わっていく・・・
やりがいがあるわよぉ」

では、A子さんと先生の“やり取り”を公開だ。


先生
「まずは、自分の足裏チェックから。
では、ヒールを脱いで 、
“ハダシ”になってみましょうか」


先生が持ってきたヨガマットにA子は腰を下ろし、
素足になった。


先生
「では、一緒に診断をしてみましょう」


A子
「診断、ですか!?
チェックポイントみたいなものがあるんですね?」



先生
「そうよ。
まず、今から言う3点を観るの。

1つ目は、親指の付け根の部分。

母指(ぼし)球という。

2つ目が、小指の付け根の部分。

小指(しょうし)球

3つ目が、

かかと

この3点に均等に体重が乗ることが大事
踊るときも、
この3点を上手く使えるようになると、上級者なの」


A子
「え、そうなんですか?
踊る時って、
親指の付け根の部分ばかりに力を入れているモノだと
思っていました」



先生
「どうもそのようね。
母指(ぼし)球アタリが、
かなり分厚くなっているわ。
外反母趾(がいはんぼし)に、
ならないように気をつけないと。
ア・・・少し(外反母趾に)なってきているようね」


A子
「ハイ。
最近、ダンスシューズを長く履く機会が増えてきてから、
指が痛むようになってきました。
そういえば・・・
ココに(第2指 親指の隣の指の下を指して)

タコができてきたんです。

これも、痛い」



先生
「タコや外反母趾は、

アーチの崩れから起きやすいのよ。

A子さんの足もそのようね。
アーチってね、本来、3つアルの。
さっき言った、
3点を結ぶものと思ってもらえばいいんだけどね。

母指(ぼし)球と小指(しょうし)球を結ぶ、

横のアーチ

母指(ぼし)球とかかとを結ぶ、

内側のアーチ

小指(しょうし)球とかかとを結ぶ、

外側のアーチ


A子
「アーチなんて、ない(笑)
なんか、ボテッとして、肉厚で・・・
あぁ、どんくさそうな足で、嫌になってきました」



先生
「大丈夫よ。
A子さんだけではないわ。
健康的なアーチを保っている現代人は、ほとんどいない、
大方の人が、
崩れたまんま・・・だと言われているんだから」


A子
「先生も、ですか?」


先生
「ワタシも、
ケアを怠ると崩れ気味になってしまうわ。
特に、弱い方の左足は、
指が曲がって開きにくくなっちゃう。
でもケアをすれば大丈夫。
ものすごく重症以外は、自力復活、可能よ。
足や足裏に問題を抱えている人って、実はとても多い。
そういった問題、
一つ一つを解決していくことこそが、

美脚への道なのよ」


     つづく第117話へ



お知らせ

社交ダンスの基礎の基礎

ユニバーサルダンス・プラクティスのご案内です!!

4月度の開催予定日
・2011/ 4/07(木)19:00~21:00(18:00開場)受付終了
・2011/ 4/12(火)13:30~15:30(12:30開場)
・2011/ 4/16(土)13:30~15:30(12:30開場)
・2011/ 4/24(日)13:30~15:30(12:30開場)受付終了

詳しくは、
ココをクリックしてください。


ユニプラをもっと活用しよう!の画期的企画

ユニプラ・フォローシステムをはじめました!

詳しくは、
ココをクリックしてください。



Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/121-fed4b258