FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告

ユニプラ・フォローシステム



初心の頃に学んでおきたい「ボディ・リメイク」
 
~深層外旋六筋のお話~


さて、前回、登場した

深層外旋六筋(しんそうがいせんろっきん)

難しい名前だが、
“分解”すれば、
フムフム納得・・・な、名前でもあるんだな。

“深層”ってことで、深層部、
つまりインナーマッスルであることが分かるよね。
ちなみに、
オシリの表層筋は、

大殿筋(だいでんきん)

その下に
中殿筋(ちゅうでんきん)
またその下に
小殿筋(しょうでんきん)
というのがアルんだな。
大きさも名前のまんま、大中小だ。
歩くときによく使うのは、中殿筋(ちゅうでんきん)
ダンスをするときもお世話になってます・・・

で、たいてい
「オシリを締めて」
って、言われたら
表層筋をやたら緊張させてしまうのよね。
すると、今度は、
「腰が固い」って注意を受ける。
だもんで、
「オシリを締めて」でOKとなるのは、
インナーマッスルのことね
と、覚えておいて。

次、
“外旋”ってことで、外にまわすときに使う筋肉ね、
と分かる。
ナニを外にまわすのか?
大腿骨(だいたいこつ)
太ももの中にアル骨だ。
それを、
「オシリが締まる方向」に回すってこと。

最後に、
“六筋”ということで、
6つの筋肉がアルということが分るよね。
チョイ、むずかしいけど
紹介しておこう。
梨状筋(りじょうきん)
外閉鎖筋(がいへいさきん)
内閉鎖筋(ないへいさきん)
上双子筋(じょうそうしきん)
下双子筋(かそうしきん)
大腿方形筋(だいたいほうけいきん)

これらはみんな、ちょうど、
細い骨盤ベルトみたいな感じ
(でも長さは短いから、
ベルトではなく“テープ”って言った方が良いだろうね)
で、骨盤と大腿骨をくっつけ合ってる。
大腿骨と骨盤の

位置関係を安定させるための、

インナーマッスルでもあるんだ。

この深層外旋六筋(しんそうがいせんろっきん)が、
活性化されると
腰が強くなる

オシリがキュッと締まって、

カッコイイ“小尻”になる


ダンス的にもGOODと良いコトずくめ。
そして・・・

今回テーマのO脚にも良い

ってことなんだけどそのアタリ、
専門家の話を聞いてみよう。

「O脚の骨格は、、
太ももの骨(大腿骨)
膝下の骨(脛骨、腓骨)
など、
足の周りの骨はみんな内側方向へ回りこみ
大腿骨の付け根部分(大転子)は外側へ張り出し
膝(ひざ)のお皿は内方へ向っている場合が多い。

ソレは以下のような習慣が関わっている。
・ペチャンコ座りや横座りの習慣
・内股歩き等、膝頭を内側に向ける習慣
・膝の後ろをパーンと突っ張って立つ習慣


以上のような習慣から
腸骨が閉じて脚が内旋(内に向く)し、
それによって、大転子が外側に張り出してしまう

改善には、
深層外旋六筋に働きかけ、
腸骨前面を正しく開く(オシリが締まる)ようにする


では次回、

深層外旋六筋の話をもう少しすすめ、

社交ダンサーの骨盤の問題!?

の話にも入って行くよ。
思い当たることアリ!?なヒトも多いかも。


     つづく第105話へ



お知らせ

社交ダンスの基礎の基礎

ユニバーサルダンス・プラクティスのご案内です!!

2月度の開催予定日
・2011/ 2/04(金)20:00~22:00(19:00開場)
・2011/ 2/08(火)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2011/ 2/12(土)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2011/ 2/17(木)19:00~21:00(18:00開場)
・2011/ 2/20(日)11:00~13:00(10:00開場)

詳しくは、
ココをクリックしてください。


ユニプラをもっと活用しよう!の画期的企画

ユニプラ・フォローシステムをはじめました!

詳しくは、
ココをクリックしてください。



Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/109-09ae3ebb