FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告

ユニプラ・フォローシステム



初心の頃に学んでおきたい「ボディ・リメイク」
 
~骨盤ベルトその後・・・~


さて、前回の骨盤ベルトのお話の続きだ。

広告にあった

「0脚の解消にナル」

って部分は、正直、
その当時のワタシにはモチベーションが上がるもんではなかった。
もっと言えば、

「腰痛に効く」

これさえも、手に入れたい結果とは言いがたかったんだ。
真意は・・・
「腰痛になってもマァ仕方ないから
ダンスが上手くなりたい。
日頃はさておき、
踊ってキレイに見えるようになりたい。
それよりなにより、
競技で勝ちたい!」


チョイ冷静になってみれば、
コレはおかしな気持ちだってことは分かる。
「腰痛がひどくなったら、
ダンスどころではないでしょ?
踊ってキレイもいいけど、
普段からキレイの方がいいでしょ?」

ってもん。
が、競技・命のワタシは、分からなくなっていたんだね。

ソンナコンナなワタシに、
随時、軌道修正を促してくれたのが、

“教師としてのワタシ”だったように思うんだ。

骨盤ベルトをレッスンで取り入れるようになってから、
ワタシの思いは少し変わったのだ。

それは、あるカップル(60代後半、教師免許アリ 競技選手)
からの悩み
「体重がどうしても外に流れてしまう」
を、解決するためのアイデアとして、
骨盤ベルトを紹介したときだった。
ベルトを腰に装着した男性が、手放しで喜んだ。
「腰の具合がいい。
いやぁ、もう歳のせいか、
最近、腰痛に苦しんでいたんですよ」


女性の方は、
「ワタシは、若いときからO脚がコンプレックスで。
ラテンが嫌だったのは、
脚を出すドレスが多いからだったんです。
コレをしていると、
(O脚が)少しでもマシになるんなら、やります」


そして、レッスンの流れが変わった。
「体重がどうしても外に流れてしまう」
のダンス的悩みはどこへやら、
“美と健康”の話に花が咲いてしまったのだ。

2人に感化されたワタシは、
骨盤ベルトを使って、色んなことを試し始めた。
自ら巻いたまんま、レッスンすることも多くなった。
ソレで得た“いい効果”を、生徒さんに伝えて言った。
そして・・・色々なことに気がつき始めた。

やがて、
カラダには元々、
骨盤ベルトと同じ役目をスル筋肉が備わっており、
ソレを鍛えることで、
同じ効果を生み出すことが分かったんだ・・・
ポイントは広告にあったこのコピー。

「左右股関節の横出っ張り=

大転子(だいてんし)辺り

ココをグッと締めることで、

骨盤のゆがみが解消」


コレがかなりの

“美脚効果”アリとは、後々わかったことなのだが。

次回、この辺りの解説をしよう。


     つづく第103話へ



お知らせ

社交ダンスの基礎の基礎

ユニバーサルダンス・プラクティスのご案内です!!

2月度の開催予定日
・2011/ 2/04(金)20:00~22:00(19:00開場)
・2011/ 2/08(火)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2011/ 2/12(土)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2011/ 2/17(木)19:00~21:00(18:00開場)
・2011/ 2/20(日)11:00~13:00(10:00開場)

詳しくは、
ココをクリックしてください。


ユニプラをもっと活用しよう!の画期的企画

ユニプラ・フォローシステムをはじめました!

詳しくは、
ココをクリックしてください。



Secret

TrackBackURL
→http://universaldance2.blog122.fc2.com/tb.php/107-f7442a15