FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告

ユニプラ・フォローシステム


ジュンコ先生の教室のホームページ




以前、とある社交ダンス先進国に行ったとき、
欧米ダンサーとジャパニーズ・ダンサーの違いを
目の当たりにしたんだけど、
その差異がものすごーく感じられた種目が、

クイック・ステップ

ヴェニーズ・ワルツだったんだ。

その違いを一言で言えば・・・

欧米ダンサーは、軽やか

ジャパニーズ・ダンサーは、重い

上半身からスイングを起こす欧米ダンサー
と、
下半身を主体的に使って
スイング運動を起こすジャパニーズ・ダンサー
まさに、

“スカイ”と“グラウンド”の違いかも。
(社交ダンスが上手くなるということ 第2008話参照)

最近は、ジャパニーズ・ダンサーも、
インナーマッスルのお勉強が進み、
随分“高く”踊れるようになってきたようだが、
まだまだ
ヴェニーズ・ワルツは、
音楽・運動性ともに、カラダになじんでいないような。
アマチュア・競技ダンサー諸君にとっては、

“必死で蹴って踊る”

“足から足に飛び乗る”


モンで終わってしまっているような気がしてならない。

おっと、前置きが長くなってしまった。
さて、12月ユニプラの

SETヴェニーズ・ワルツを取り上げたネライは、

「ヴェニーズ・ワルツの動きを音楽から学ぼう」
そして、落としどころは
「足から足に飛び乗るのではなく、
インナーでつながないと、上手く踊れない!」

ってことを体感で学んでもらうこと。
で、その
“インナーをつないで踊る”部分を強調するために

ルンバの動きから入ったんだ。

ルンバって、
インナーをつなぎやすい種目だもんね。
言いかえれば
カラダの中を揺らすことで、
左右の足の踏み替えができる・・・

ヴェニーズ・ワルツの曲に乗って、
ルンバ・アクションをやると
「カラダの中から立体的に音楽が聴こえる」
対比して
サラサラ、外側だけのスイング運動をすると
「音楽が薄っぺらく聴こえる」
てな事を体感してもらってから、
ナチュラル・ターンばっかりを繰り返す、ボックスに挑戦!

ポイントは
足幅をメッチャ小さくして、
カラダの中の脚のみを使用すること
歩順1の右足前進のとき&歩順4の左脚後退のとき
(男性側のこと
女性側は歩順1が左脚後退、歩順4が右足前進)
カラダの中の脚を使って回転運動を起こし、
相手の両足の間に上手く入っていくこと

後退側がカラダの中の脚を“開き”

「どうぞ」と相手を

招き入れることができたらGOOD!


曲が速いし、回転がハッキリしているから
インナーの脚をちょっとでも使い忘れると、
ヘンテコリンになっちゃうから
非常に勉強になるよ。
ちなみに、ヒデ君、ヴェニーズ・ワルツ初体験!
感想は?
「メッチャ、面白い!
カラダの中をスゴく感じて踊れるし、
相手との入れ替わり感覚が分かりやすい。
それに、音楽がエエなぁ」


ナチュラル・ターンでフロアーを回れる日も近いかも

なお、ヴェニーズ・ワルツは、
来月(来年1月)も引き続き、行ないます。
チャオ!


     つづく





お知らせ

社交ダンスの基礎の基礎

ユニプラ(ユニバーサルダンス・プラクティス)のご案内です!!

4月度の開催予定日
・2013/4/09(火)13:30~15:30(12:30開場)
・2013/4/10(水)13:30~15:30(12:30開場)※レビ
・2013/4/13(土)13:30~15:30(12:30開場)
・2013/4/18(木)19:00~21:00(18:00開場)
・2013/4/26(金)19:00~21:00(18:00開場)※レビ
・2013/4/28(日)13:30~15:30(12:30開場)


詳しくは、
ココをクリックしてください。



超初心者のためのクラス

ユニプラ・ビギナーの一般公募が始まりました!

4月度の開催予定日
・2013/4/19(金)20:00~22:00(19:00開場)
参加資格:社交ダンスが未経験(1年未満OK)

場 所 : ジュンコ先生のプライベートスタジオにて。
(大阪市西区)
※参加者の方には、追って詳しくご連絡いたします。

参加費 : 2,000円

お申し込みは、
ココをクリックしてください。



ユニプラをもっと活用しよう!の画期的企画

ユニプラ・フォローシステムをご利用ください。

詳しくは、
ココをクリックしてください。
スポンサーサイト