FC2ブログ
目次

ユニバーサルダンス・プラクティスの報告

ユニプラ・フォローシステム


 
~ワルツを踊る楽しさを取り戻そう~

速報9月のユニプラ報告!(1)


記事の途中ではありますが、

9月のユニプラ報告、させていただきます。

参加してくださった皆様、ありがとうございました。

さてさて、
今月のユニプラは、
ジャイブ人気に押され気味だった

ワルツ、復活か!?

ジュンコ先生
「今月からワルツにも力を入れるわよ。
ワルツの基礎の基礎を徹底できるのは、
ユニプラしかないからね」

ってことで、
予告(第172話参照)どおり、
ワルツ・ビックシェイプのシャイン
から、
カップルでのビックシェイプ
そして、
クォーター・ターンズへという展開だったのだが。

ヒデ君談
「いやぁ、
やっぱり“ビックシェイプ”は、エエなぁ。
コレやってると、上手くなるわ。
(やっている間に)みるみる、
カラダが変わってくるのがわかるもん」


最初は戸惑い気味だった参加者も、
シャインをひとりずつチェックするや、
「あぁ、ここまで、カラダを使うのか・・・」
と、納得。
「あぁ、音楽が聴こえてきた」
目を閉じ、陶酔感に浸る人、続出。
スタジオ全体が、
“ワルツ”に満たされる、不思議空間と化していく。

カップルでのビックシェイプになっても、
音楽と戯れ、あるいは合奏し、
しばし、至福のときを・・・

ある参加者が目を輝かせてこう言った。
「実際に、
フロアーを踊りながら回っているようだった。
こんな楽しいワルツ、初めて!」

また、こんな声も、
「女性も積極的に音楽を聴いて、
カラダで表現して、
良いと分かって楽しくなってきました」


ただ、クォーター・ターンズで“移動”が始まるや、
「あかん!元の世界に戻ってしまった」
という人がまだ、ほとんどだろうね。

ホールドをし、
“移動”することによって、色んな情報が入ってくる。
相手との組みぐあい
フロアー移動感
脚・足感覚
周囲(他のカップル)からのモロモロ

ソンナコンナが、
音楽や自分の内面への集中を妨げるんだ。
ビックシェイプ時に感じた陶酔感を奪ってしまう・・・
また、
ビックシェイプのときに自然とやっているアバラの運動が
移動すると、疎かになる。

「ボディが先行し、

脚・足は、ボディの動きに追随する」


という、
スイングダンスの大いなる基本が、
なくなってしまい
足主導のダンスに戻ってしまうのだ。

クォーター・ターンズ&リラックス・ホールドで、
そんなになっちゃうってことは、
フツーの角度で、
ニュートラル・ホールドになると、もっと・・・

ジュンコ先生
「大丈夫よ。
だんだんと、逆転してイケルから。
脳から出す指令を変えていっている途中だから、ね」

「『ボディが先行し、
脚・足は、ボディの動きに追随する』
なんて、ものすごーく難しいこと。
インナーの使い方、および、その感覚が頼りよ。
この先、
ゆっくりと、でも着実に、指導して行くわ。
基礎の基礎ができるユニプラだからこそ!」

さて・・・


     つづく第179話へ





お知らせ

社交ダンスの基礎の基礎

ユニプラ(ユニバーサルダンス・プラクティス)のご案内です!!

11月度の開催予定日
・2011/11/10(木)19:00~21:00(18:00開場)受付終了
・2011/11/12(土)18:00~20:00(17:00開場)
・2011/11/13(日)13:30~15:30(12:30開場)
・2011/11/15(火)13:30~15:30(12:30開場)受付終了
・2011/11/25(金)13:30~15:30(12:30開場)

詳しくは、
ココをクリックしてください。


ユニプラをもっと活用しよう!の画期的企画

ユニプラ・フォローシステムをはじめました!

詳しくは、
ココをクリックしてください。


スポンサーサイト